倉敷帆布、和泉木綿帆布

倉敷帆布

倉敷帆布を作っている会社、株式会社バイストンという社名の由来を調べてみました。

‘’創業者である[武鑓石五郎]とその妻[梅]の名をとって命名いたしました。
(バイ=梅、ストーン=石)‘’(ホームページから引用)

でバイストンだなんて、ステキですね♫

倉敷帆布生地の端をアップで写真撮ってみました。分かりにくいかもしれないですが、左側のプクっとしたところが、生地のミミです。

このミミ付き生地と言うのは、古い織機(しょっき)を使っている証(あかし)みたいなものです。

倉敷帆布は、昭和40年代に生産中止になっている古い織機を使用しています。(ビンテージデニム生地を織る織機と同じです)

職人さんの勘で微調整が必要だったり、生地の幅も90cmと狭く、生地を織る速度も遅くて、効率は悪いです。(1日に50mくらいしか織れないそうです)

でも、ゆっくり織ることで、ふっくらとした、なんとも言えない味のある、倉敷帆布が出来ます(o^^o)

こんなハイテクな時代なのに、何十年も前の織機で作った帆布生地に惹かれるなんて、不思議ですね♪

和泉木綿帆布

和泉木綿帆布は、大阪の高級タオル、泉州タオルに使われる20番手のコンパクトコーマ糸を使用し、通常の帆布の倍の撚糸を掛け、泉州の帆布工場で織り上げています。

そんな高級タオルに使う糸を使って、またその糸が20番と細いので、よりたくさんの糸で撚って、一本の糸にして帆布生地にしています。

実際にぼくも糸を解いてみたのですが、糸が細いので、正確に何本とは確認出来なかったのですが、6本ありました^^; ブログで細かく説明しています。

・倉敷帆布:10番手の糸を3本撚って、1本の糸にしています。(写真左)

・和泉木綿帆布:20番手の糸を6本撚って、1本の糸にしています。(写真右)

また、手触りがサラッとしていて、若干光沢もあり、上品な印象です。

他にも、生地の表面に糊付けしてあるのですが、

「デンプン糊ではなく、化学合成の樹脂糊を使用しているため、カビには強い仕様になっている」とのことでした。

ちょっとした違いですが、個性があって面白いですよね♫

スポンサーリンク
デニム工房スマイルをフォローする
デニム工房スマイル