2.オプション

2.トートバッグのオプション

① ドリンクホルダー取り付け

ドリンクホルダー取り付けは、箱型トートバッグ(「ボックストート」「ポケットトート」「軽いボックストート」「混合トート」)に対応出来ます。

バッグの構造上、「シンプルトート」には対応できませんm(_ _)m

ボックストートバッグの内側に、ドリンクホルダーを取り付けます。写真は、500ccのペットボトルです。直径約6cmです。

ホルダー部分の生地は、トートバッグと同じ倉敷帆布8号を2重にしてあります。幅は10cmで、しっかり固定できます。

水筒、マイボトルにも対応出来ます。直径や高さを教えていただければ、すっぽり収まるように、対応させていただきます。

側面の内側にポケットを追加しましたので、内ポケットはそのままで、その上にドリンクホルダーを取り付けます。

ドリンクホルダーを使用していない時、ポケット使用できますよね(*^^*)

② バッグ入口の「ドットボタン」を「マグネットボタン」に変更

通常、バッグの入口に付いている「ドットボタン」を、「マグネットボタン」に変更出来ます。

直径は18mmです。

③ ショルダーフック取り付け

ショルダーフックを取り付けます。

箱型トートバッグ(「ボックストート」「ポケットトート」「混合トート」「軽いボックストート」)の場合

写真のように、トートバッグの側面の上に、ショルダーフックを取り付けます。Dカンが付いていて、ショルダーベルトを取り付けることが出来ます。

シンプルトートの場合

下の写真の矢印部分のように、標準で側面にDカンが付いています。「ショルダーフック」は購入しなくても大丈夫です。

④ 取り外し可能なショルダーベルト

ショルダーベルトの先にナスカンが付いていて、簡単に取り外し可能です。

ショルダーベルトは、「幅3cm」or 「幅 4cm」の2種類から選べます。(写真は幅3cmです)

ショルダーベルトも、トートバッグと同じ帆布生地を使用しています。(倉敷帆布 又は 和泉木綿帆布)

コメント