オプション

トートバッグのオプション

ドリンクホルダー取り付け

ドリンクホルダー取り付けは、「ボックストート」「ポケットトート」に対応出来ます。
(バッグの構造上、「シンプルトート」には対応できませんm(_ _)m)


ボックストートバッグの内側に、ドリンクホルダーを取り付けます。
写真は、500ccのペットボトルです。直径約6cmです。

ホルダー部分の生地は、バッグと同じ倉敷帆布8号を2重にしてあります。
幅は10cmで、しっかり固定できます。

水筒、マイボトルにも対応出来ます。直径や高さを教えていただければ、すっぽり収まるように、対応させていただきます。

追記

側面の内側にポケットを追加しましたので、内ポケットはそのままで、その上にドリンクホルダーを取り付けます。

こうすれば、ドリンクホルダーを使用していない時、ポケット使用できますよね(*^^*)

バッグ入口のドットボタンをマグネットホックに変更

通常、バッグの入口に付いているドットボタンを、マグネットホックに変更出来ます。

いままでのマグネットボタン(厚み4mm)より、厚みが薄いタイプ(厚み2mm)に変更しました。よりスマートな印象です。
くっつく力も変わらないです。

直径は同じ18mmです。

取り外し可能なショルダーベルト取り付け

「ボックストート」は、写真の様に、バッグの側面上にショルダーフックを取り付けます。

「シンプルトート」には、写真のように、バッグの側面に小さめの「Dカン」を取り付け、ショルダーベルトが取り付けます。


バッグにDカンを取り付け、ショルダーベルトにナスカンを取り付けます。

ショルダーベルトは、「幅3cm」or 「幅 3.8cm」の2種類から選べます。

ショルダーベルトの長さ調節可能です。最大120cmまで伸ばせます。

ショルダーベルトはバッグの生地と同じもの(倉敷帆布8号)を使用しています。

ショルダーフック取り付け

ショルダーフックのみ取り付けます。

・「ボックストート」の場合
写真のように、両サイド上に、ショルダーフックを取り付けます。
Dカン(3cm)が付いていて、ショルダーベルト(別売り)を取り付けることが出来ます。

・「シンプルトート」の場合
写真3枚目のように、バッグを縫うときに、一緒に挟み込みます。
Dカンは、2cmと小さめのものを使います。

バッグの中が見えないようにするフタ

フタ取り付け
バッグの中が見えないように、バッグと同し倉敷帆布で作りします。
フタの端は、解れないように、厚手のツイル生地でパイピングします。
バッグの開口部に付いているドットボタン(マグネットホック)で取り付け&取り外しが可能です。
大きさは、バッグに適したサイズで作らせていただきます。

バッグの入口が
「ドットボタン」の場合は、フタも「ドットボタン」
「マグネットボタン」の場合は、フタも「マグネットボタン」になります。

持ち手カバー


トートバッグの2つの持ち手まとめるカバーです。
「ボックストート」「シンプルトート」どちらも対応出来ます。
写真のトートバッグは、持ち手の幅が3cmです。
持ち手の幅で調節可能です。

表の生地はバッグと同じ8号帆布
裏の生地は、8号より薄い11号帆布を使いました。

表生地の色は、バッグと同じ色でも、違う色でも製作可能です。
裏生地の色は、写真の「ネイビー」のみになります。

ドットボタンでしっかり固定することが出来ます。