地糸切れについて その2

今日、ニット用の針が届いたので、試してみました。
結果は、帆布は地糸切れが目立たなくなり、いい感じになりました。
帆布トートバッグ

ほとんど目立たなくなり、きれいに縫えるようになりました。
ニット用の針は、先が丸くなっていて、生地の糸を切らずにすり抜けるようで、今回の針は帆布には効果がありました。

ただ、デニム生地に関しては、あまり効果が感じらなかったです。
針を細く、縫い糸を太くして、妥協点を探します。
今回注文した針が22番と生地に対して太すぎるんです。
22番を選んだ理由は、持ち手の取り付け部分がどうしても生地が厚くなり(11枚ね)、細い針だと折れてしまうんです。
持ち手を本体に取り付ける部分は生地の厚みを減らす工夫をして、19番〜20番の針で縫えるよう改良が必要ですね。
ミシン屋さんに針の注文をお願いしました。
また、針が届きましたら、試してみます(o^^o)

スポンサーリンク