新しいデニム生地が届きました(o^^o)

前のデニム生地がなくなったので、新しくデニム生地を購入しました。

デニム生地
今回の生地は、ミミがピンクです。かわいいですね(o^^o)♫

でも、毎回デニム選びには気を使います(^^;;

例えば、「倉敷帆布8号」と言えば、全く同じものがあります。
でも、デニム生地の場合、「井原デニム14オンス」と言っても、色々な種類があるんです。色の濃さや生地の硬さが違うんです。

単に、ブランド化されてないと言うこともあるのかもしれないですが、それだけデニム生地がみんなに愛されているからかな?っと思っています。

全く同じものを作ることは出来ると思うんですが、デニムマニアの人ならわかってもらえると思うんですが、均一化してしまうと面白くないんです。だって、どのメーカーのジーンズの生地が全く同じだとしたら。。。考えただけで恐ろしい!笑

デニム生地も帆布生地も、たて糸とよこ糸を織ることによって出来るんですが、
デニム生地の場合は、たて糸にインディゴ色、よこ糸には白糸が使われます。
たて糸の染めが濃いほど、色の濃い生地が出来上がります。ただし、よこ糸が白ではなく、ベージュっぽい色を使うと、更に濃い生地が出来ます。
あとは、生地を織る時の糸のテンションの違いで、生地の硬さが変わってきます。
もう、これだけで色んな種類の生地を作ることが出来るんです。

20年前位に、レプリカジーンズがすごく流行った時期があったんです。ぼくもしっかり乗りました(^^;;
レプリカジーンズメーカーさんの数だけ、デニム生地の種類があったんです。

あまり細かく書くと、終わらないので、結局何が言いたかったと言うと、デニム生地には種類がたくさんあると言うことなんです!種類が多過ぎなんです。

ぼくも全く同じ生地が欲しいんですが、生地屋さんが全く同じ生地をずーっと作り続けることはほとんどないようです。
なので、毎回使い切ったら、またサンプルを送ってもらって、バッグに適していると思う生地を探すと言うことをしないといけないんです。
まあ、それも楽しいんですけどね。色々なデニム生地を見ることが出来るので(o^^o)

ということで、デニム生地は微妙に変わります。でも、基本は14〜14.5オンスで、硬めで色が濃く、防縮加工してあるものを選んでいますので、安心して下さいm(_ _)m

スポンサーリンク