倉敷帆布8号が縫えるようになりました(o^^o)

やっと、倉敷帆布8号が縫えるようになりました!!!
帆布11号は生地が薄いし、国産帆布の糊が少ない帆布も試しましたが、ハリがなくてボツ!
それで、やっぱり倉敷帆布8号が縫えるようにならないかな?と思い、帆布と言えば、一澤信三郎帆布なので、サイトを見てみると、帆布を木槌でトントン叩いていると書かれてあったんです。アイロンもするけど、木槌で!なるほど!!

で、やってみると、生地が硬いのでクセが付くんですよ!
それで、ミシンで縫ってみると、すすーーっとスムーズに縫えるんです。
前は、アイロンできっちり潰してから縫っていたんですが、そうするとアイロンで溶けた糊が冷えて固まって、スムーズに縫えなかったんです。

これは、デニムを縫っている時も、アイロン形を作ってから縫うんですが、キレイに整えようとアイロンかけ過ぎていたみたいです。これで、デニムもすすーーっと縫えるようになりますね。うれしい発見です(o^^o)

倉敷帆布8号トートバッグ


内側

横

image

最近はだんだんスピードが上がって、1日に2個(裁断から写真撮影まで全部)こなせるようになりました。
定番品を作るのがいいところは、同じことを繰り返すので、手際が良くなって効率的になりますし、商品の完成度も上がってくるんです。
裁断に寸法なんか、最初はノート見ながらやってましたけど、いまは見なくても作れます♪
縫う方も、だんだんコツがつかめてみて、この生地は滑りがいいから裏から縫った方がキレイに早くできるとか、色々と分かってくるんです。

minne で販売していますので、よかったらみて下さいm(_ _)m

スポンサーリンク