ホーム

お知らせ

和泉木綿のコンパクトコーマ8号帆布を追加しました。

ポケットたくさんのトートバッグ

デニム工房スマイルでは、国産帆布生地を使って、ポケットがたくさん付いたトートバッグを製作しています。

倉敷帆布と和泉木綿帆布を取り扱っています。

☆10年使って欲しい!と言う思いから、トートバッグを無料でお直しさせていただきます。
売りっぱなしではなく、しっかりアフターフォロー、修理させていただきますm(_ _)m

☆できるだけシンプルにして、金具などの金属もほとんど使わず、帆布生地と糸だけでトートバッグを作っていきたいと思っています。

年齢、性別を問わず、使ってもらえるようなトートバッグ作りを目指しています。

creema(クリーマ)

minne(ミンネ)

オンラインストア

で販売しています。

倉敷帆布と和泉木綿帆布

2種類の帆布生地を扱っています。

・バイストンの倉敷帆布8号

・和泉木綿のコンパクトコーマ8号帆布

トートバッグを作る上で、生地にこだわりたかったんです。
いいものを作るにはまずは生地が一番重要ですもんね♫

<倉敷帆布>

倉敷帆布生地の端をアップで写真撮ってみました。分かりにくいかもしれないですが、左側のプクっとしたところが、生地のミミです。

このミミ付き生地と言うのは、古い織機(しょっき)を使っている証(あかし)みたいなものです。

倉敷帆布は、昭和40年代に生産中止になっている古い織機を使用しています。(ビンテージデニム生地を織る織機と同じです)

職人さんのカンで微調整が必要だったり、生地の幅も狭く、生地を織る速度も遅くて、効率は悪いです。

でも、現在の織機では表現出来ない、味わいのある帆布を作ることが出来ます。ふっくらとした、なんとも言えない味のある、倉敷帆布が大好きです(o^^o)

こんなハイテクな時代なのに、何十年も前の織機で作った生地に惹かれるなんて、不思議ですね!

<和泉木綿>

泉州(せんしゅう)高級タオルに使われる20番手のコンパクトコーマ糸を使用し、通常の帆布の倍の撚糸を掛け、泉州の帆布工場で織り上げています。

そんな高級タオルに使う糸を使って、またその糸が20番と細いので、よりたくさんの糸で撚って、一本の糸にして帆布生地にしています。

(糸の番手の数字は大きくなるほど、糸は細くなります)

実際にぼくも糸を解いてみたのですが、糸が細いので、正確に何本とは確認出来なかったのですが、6本以上はありました^^;

(通常8号帆布は、10番の糸を3本撚って、1本の糸にしています)

要は、とても手間がかかっているということですね♪

倉敷帆布は、ゴツゴツした荒々しい帆布ですが、和泉木綿の帆布は、生地の厚みや重さは変わらないですが、手触りがサラッとしていて、若干光沢もあり、上品な印象です。

現在は、ブラック、ネイビー、キャメル、ファインローズの4色展開です。

トートバッグ製作時に出る余った生地から取った、サンプル生地(大きさ10cm×10cm)を無料で送らせていただいています。

写真や言葉だけでは、うまく伝わらないという事もありますし、実際に帆布に触れて欲しいという想いもあります(^^)

サンプル生地を送ってもらったら、バッグを買わないといけないなんて、思っていませんのでご安心下さいね♪

ご希望の方は、お問い合わせから、ご住所とお名前をご連絡下さい。郵便で送らせていただきます。

4種類のトートバッグを作ってます

①「ボックストート」

外側にポケット4個、内側にポケット4個、合計8個!!

ポケットが付いています。

詳しくは、ボックストート をご覧ください。

②「ポケットトート」

外側にポケット4個、内側にポケット6個、合計10個!!!

ポケットが付いています。

詳しくは、ポケットトート をご覧下さい。

③「シンプルトート」

詳しくは、シンプルトート をご覧下さい。

④「軽いボックストート」

詳しくは、軽いボックストートをご覧ください。

トートバックへの想い

アメリカの老舗ブランドにFILSON(フィルソン)と言うブランドがあるのですが、フィルソンが作ったトートバッグがきっかけで、トートバッグが好きになりました。

LLbeanを代表するトートバッグって、ポケットが少ないんですよね。ポケットが少ないと、小物類がバッグの中に埋もれてしまって探すのが大変で、敬遠してました。

昔、アメ横のヤヨイさんで、買い物していたら、店長さんにフィルソンのトートバッグを勧められまして、使い始めました。外側の各面にポケットがあって、すごくシンプルなのに使いやすくて、10年以上使ってました。いいものは、本当に10年使えるんだなっと思いました。

ぼくも、フィルソンみたいに、ポケットが多くて、シンプル、機能的、丈夫なトートバッグを作りたい!

こんな想いで、トートバッグを作っています。

プロフィール

福井で生まれ、福井で育ちました。

途中東京に10数年間過ごしましたが、故郷の福井に戻ってきました。

そして、トートバッグの工房を立ち上げました。

「丈夫なトートバッグが作りたい!」「ポケットが多いトートバッグを!」
10年は使って欲しい!と言う思いから、無料でお直しさせていただきます。
売りっぱなしではなく、しっかりアフターフォロー、修理させていただきますm(_ _)m

シンプルで、性別、年齢を問わない、長く愛用していただけるようなトートバッグを目指しています!